予防接種「受ける」「受けない」の選択

小さい頃から、当たり前のように受けてきた「予防接種」
受けたくなければ受けなくていい

なんて判断ができることご存知でした?

現役助産師の知人にお願いして 
「予防接種の種類とその成分」のお話会をしていただくことになりました。

イベントを構成するってなんだか
「人をたくさん集めなきゃ」とか「宣伝しなきゃ」
と、気負いする部分があったのですが。

一人でも興味を持って足を運んでもらうことでその開催は
成功なんだと思うようになりました。

その一人が友人、知人、家族に…そして 子供に

きっと伝えてくださるんじゃないかと思います。

インフルエンザ予防接種受ける時って、病院で同意書かかされませんか?

副作用が出て重症になっても「受ける」と決めたその人の責任とするためです。

子供の予防接種を「受ける」「受けない」の選択は本人ではなくて
「親」です。

その選択の重みを 「予防接種とはなんぞや」という部分を知ることで
大切な命を守る事にもなりうるのです。

「予防接種を受けたのにインフルエンザにかかる」人います
「予防接種を受けていなくてインフルエンザにかかる」人もいます

インフルエンザにかかったらどちらのパターンでも
「自宅で休養を取る」
学校や会社をお休みしますよね。

なので別に身近にいる人からとやかく言われる筋合いは無く
「かかってしまった人の重症化を防ぐ?」とかいう理由だったと思うんです。

介護ヘルパーさんも事業所から「絶対受けるように」って言われるけど
それってどうなん?
学校の先生もそうなのかな。

選択の権利を奪う変な話です。

儲かるのは誰?そのお金はどこから補助が出てるの?

予防接種を知って選ぶのはあなたです(*^^)v